谷崎潤一郎全集
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癇癪老人日記

谷崎潤一郎全集編集室の非公式記録です。書誌や資料についてのあれこれ

神奈川近代文学館の谷崎展

神奈川近代文学館で開催中の谷崎展にいってまいりました。展示の正式名称は「没後50年 谷崎潤一郎展――絢爛たる物語世界」。展示品、じつに400点余だとか。じっくりにみたら、一日では見きれない分量です。

展示品には今回はじめて公開されるものも多く、日本を代表する文豪の生涯と作品は、まだまだ奥深く、知られざる部分が眠っているようです。関係者の方々の協力、文学館の方々の丹念な下調べのたまものでありましょう。

北野恒富の「茶々殿」の絵が飾ってあってびっくりです。あれ、本物ですよね? 見ることができてラッキー!

f:id:velvets_note:20150407203425j:plain

行った日は残念ながらお天気がいまひとつ。

f:id:velvets_note:20150407203438j:plain

芸亭(うんてい)の桜は満開を少しすぎていましたが、みごとに咲き誇っていました。